金城昌太郎びんがた工房の「仕事」

「色彩」~金城昌太郎びんがた工房のこだわり ③

色について


父:金城昌太郎が後輩達と
紅型(びんがた)について
話をしている時に
特に感じるのが、
「天然顔料の美しさ」
についてです。

顔料には、

「鮮やかだけど、
時が経つと共に
深みが増す美しさがある。」

とよく言っております。

私がこの話を初めて聞いた時に

「深みが増す美しさって何だろう?」

と何の事を言っているのか
全く理解できませんでした。

私自身は紅型の制作に携わっていないので、
理解しようと思っても
なかなかムズカシかったです。

ですが、
2016年に昌太郎が開催した
個展の際に展示された作品を見ている時に
こういう事なのかなと感じました。

この上記の写真の着物は
昌太郎が今から40年以上前に染めた着物です。

古典柄の鮮やかな配色ですが、
時が経ち、
その鮮やかさが落ち着き
深みを増しているような感じがしました。

さらに昌太郎の色に対するこだわりは、
顔料を溶かす染料にもあります。

それは、「豆汁(ごじる)」です。

金城昌太郎びんがた工房では、
顔料を溶かす際には、
なるべく新しい
国産の豆腐豆で作った「豆汁」を使います。

豆汁は、新鮮な方が良い。
という昌太郎の考えがあり、
3日以内の作った豆汁を使用して
色を作っているとの事でした

その為、
私は幼い頃から定期的に
この豆汁を作る音を聞いており、
私の中で

琉球紅型の音は何か?

と聞かれたら

「豆汁を作る音」

と迷わずに答えます。


下記の動画は、
私が幼い頃から聞いていた
すり鉢で豆腐豆を潰して
豆汁を作る作業風景です。

以前、上記の動画を見られたお客さまより

「なぜ、豆汁を使うのですか?」

との問いに対して、
当主:金城昌太郎は下記のように答えております。


豆汁(ごじる)には、
顔料の定着を促進する効果、
にじみ止めの効果がある。

豆汁に顔料を、
水彩絵具みたいにいろいろな色を混ぜ、
好きな色を作る。

朱の色、一つとっても
黒ずんだ朱やオレンジ色のような明るい朱がある。

自分がどんな色を表現したいかを考え、
自分の納得のいく色ができるまで工夫しながら、
何度もチャレンジしながら作っていく 。

と・・・、
私が昌太郎から聞いた事を元にお伝えできる
「琉球紅型(びんがた)」の色については
ここまでになります。

さらに深い紅型の色の魅力などのお話は、
ぜひ工房に見学に来て頂き
金城昌太郎より
直接お話をお聞き頂ければと思います。
※ 現在、一人でマイペースに創作活動を行っておりますので見学の際には、「お電話」もしくは「メール」にて事前にご予約の程、よろしくお願いいたします。

 

金城昌太郎びんがた工房へのContact

沖縄那覇の首里城近くで沖縄の伝統工芸品

「琉球紅型 - Ryukyu-Bingata - 」の制作を行う

金城昌太郎びんがた工房 です。

琉球紅型師/金城昌太郎(きんじょうしょうたろう)が、すべての工程を一人で丹精をこめて創作にあたっているため、年間わずか10本前後しか作ることが不可能な創作柄オリジナル着物帯となっております。

工房にて、金城昌太郎本人より作品の見学やご説明とご提供。デザインスケッチ時の思い出話など、作品にまつわる様々なエピソードなどをお客様ひとりひとりにお話ししております。

沖縄が誇る伝統工芸品「琉球紅型- Ryukyu-Bingata -」の世界観と魅力に触れてみませんか?一度、お話を聞きにお気軽に工房へお越しくださいませ。

作品へのご質問・購入や工房見学、その他お問い合わせ等については、↓TELまたはお問い合わせよりご連絡くださいませ。

 

▼琉球紅型 - Ryukyu-Bingata -に生涯情熱を注ぎ続ける。紅型師/金城昌太郎の作品ギャラリー集

- follow me on Instagram @ 金城昌太郎びんがた工房 -

 

▼関連記事をあわせてご確認くださいませ。