お知らせ

琉球紅型 額絵「夜の首里城」を通して伝えたい!金城昌太郎の型彫りに対するこだわり

こんにちは。
金城昌太郎びんがた工房 広報担当の息子の金城です。

今日は、父:金城昌太郎が制作した
琉球紅型 額絵 「夜の首里城」を通して
父の型彫りに対するこだわりをお伝えしていきたいと思います。

父、金城昌太郎は、
琉球紅型のデザインを支えるものは、「型彫りの技術」だと
紅型を制作している後輩達によく話しているのを聞きます。

どんなに頑張って、
スケッチをして
紅型らしい図案化にしても
型彫りの技術が未熟では、
作者の意図を表現する事ができない。
と話します。

そして、今回ご紹介する「夜の首里城」は、
金城金城昌太郎の型彫り(型紙)に対するこだわりを
感じられる作品になっているのではないでしょうか。

と言いますのも実はこのデザイン、
よくご覧頂くとお気づきになると思いますが

「昼の首里城」と同じ型紙を使用しております。

また、型彫りをする際には
豆腐を乾燥させた「ルクジュウ」を用いて
突き彫りで制作していきます。

そうする事で、点と点がつながり
やがて温かい線になるそうです。

時に渋紙から聴こえる
ザクザクザクという音が
さらに制作意欲をかき立てるます。

そのようにして制作した型紙には
金城昌太郎の遊び心で
右上の方に『月』が描かれております。

なので、同じ型紙を使用しているのですが、
配色を変えるだけで夜の雰囲気を感じる事のできる
金城昌太郎独特の色彩感覚が表現された作品になっております。

2つを一緒に額に入れて飾っても
昼と夜、両方の首里城の美しさを感じる事ができ
より一層、あなたの部屋を華やかにしてくれるのではないでしょうか。

サイズ(内寸)
横:約19.5cm
縦:約23cm

生地:麻

PC、スマートフォンなどの環境によっては、実際の色合いと異なって見える場合がございます。
※額は付属いたしません。

次回の制作は未定ですので
ぜひ、この機会にお求めください。

ご購入はこちらから

https://shoutarou-bingata.stores.jp/items/5e182272d790db08c5a38b65

 

金城昌太郎びんがた工房へのContact

沖縄那覇の首里城近くで沖縄の伝統工芸品

「琉球紅型 - Ryukyu-Bingata - 」の制作を行う

金城昌太郎びんがた工房 です。

琉球紅型師/金城昌太郎(きんじょうしょうたろう)が、すべての工程を一人で丹精をこめて創作にあたっているため、年間わずか10本前後しか作ることが不可能な創作柄オリジナル着物帯となっております。

工房にて、金城昌太郎本人より作品の見学やご説明とご提供。デザインスケッチ時の思い出話など、作品にまつわる様々なエピソードなどをお客様ひとりひとりにお話ししております。

沖縄が誇る伝統工芸品「琉球紅型- Ryukyu-Bingata -」の世界観と魅力に触れてみませんか?一度、お話を聞きにお気軽に工房へお越しくださいませ。

作品へのご質問・購入や工房見学、その他お問い合わせ等については、↓TELまたはお問い合わせよりご連絡くださいませ。

 

▼琉球紅型 - Ryukyu-Bingata -に生涯情熱を注ぎ続ける。紅型師/金城昌太郎の作品ギャラリー集

- follow me on Instagram @ 金城昌太郎びんがた工房 -

 

最近のお知らせお知らせ一覧