金城昌太郎びんがた工房の「基本情報」

琉球紅型師/金城昌太郎のプロフィール

昭和14年生

○ 昭和28年 15才
中学3年の時に担任先生より

「 この戦争で沖縄が大切にしてきた
紅型や
織物、陶器、漆器の伝統工芸が
今回の戦争で、
すべて焼き尽くされた。

しかし、
生き残ったもので力を合わせて
復興させようと思う。

郷土の工芸のために
一生の仕事として
尽くす気のある者はいないか?

地味な仕事で、
これから復興させるのだから
一人前になるには10年以上はかかる。

しかし将来性のある仕事だ。」

と問われ、紅型師になる事を決意した。


○ 昭和29年 15才

名渡山工芸館にて従事する。

琉球王府の博物館にて
古紅型の生地にふれながら、
色彩、模様の説明を受ける。

ある時は、
トレーシングをさせて頂き、
古紅型を写し、
古典柄を彫りながら、
古きものに込められた
先人達のさまざまな工夫や
知恵、感覚を身をもって知る。

工芸は、
無から生まれるものでなく、
先人の歩みの中から学ん創るもの
という事を学ぶ。

また、名渡山愛順先生より
【画 家 と し て の 感 性】 を学ぶ。


○ 昭和30年 16才

城間びんがた工房にて従事する。

名渡山工房で型彫りをしていたこともあり、
型彫りを中心に仕事を行った。

栄喜先生が描いた図案を
私が彫るということもしばしばあった。

城間栄喜先生より、
【伝 統 の 紅 型 師 と し て の 生 き 方】 を学ぶ。


○ 昭和40年 26才

沖縄県立首里高等高校 染織デザイン科 助手、
末吉安久先生より
【自 由 な 発 想 の 型 絵 染 め】 を学ぶ。

また、稲垣稔次郎先生の書より
「 他の作品を模倣することなく
 自然に触れ自らスケッチしそこから創造をあみ出す 」
という、
「 創 作 す る 大 切 さ 」 を学ぶ。


○ 昭和41年 27才

26歳の時に紅型師として
那覇市首里( 現住所 )に独立。


○ 昭和55年 41才

新匠工芸会 新匠賞 受賞


○ 昭和63年 から 平成10年( 49才 ~ 60才 )

沖縄県立芸術大学 にて 非常勤講師 を務める。


○ 平成元年10月 ( 50才 )

新匠工芸会 稲垣賞 受賞


○ 平成9年4月8日 ( 59才 )

県指定無形文化財技能保持者


○ 平成28年12月1日 – 11日

沖縄県那覇市久茂地にある
青砂工芸館にて個展を開催


○ 平成29年2月19日 (77才)

第51回 沖縄タイムス芸術選賞 大賞 受賞

現在は、那覇市首里の工房にて
マイペースに創作活動を行いながら
後輩の指導なども積極的に取り組んでいる。

 

金城昌太郎びんがた工房へのContact

沖縄那覇の首里城近くで沖縄の伝統工芸品

「琉球紅型 - Ryukyu-Bingata - 」の制作を行う

金城昌太郎びんがた工房 です。

琉球紅型師/金城昌太郎(きんじょうしょうたろう)が、すべての工程を一人で丹精をこめて創作にあたっているため、年間わずか10本前後しか作ることが不可能な創作柄オリジナル着物帯となっております。

工房にて、金城昌太郎本人より作品の見学やご説明とご提供。デザインスケッチ時の思い出話など、作品にまつわる様々なエピソードなどをお客様ひとりひとりにお話ししております。

沖縄が誇る伝統工芸品「琉球紅型- Ryukyu-Bingata -」の世界観と魅力に触れてみませんか?一度、お話を聞きにお気軽に工房へお越しくださいませ。

作品へのご質問・購入や工房見学、その他お問い合わせ等については、↓TELまたはお問い合わせよりご連絡くださいませ。

 

▼琉球紅型 - Ryukyu-Bingata -に生涯情熱を注ぎ続ける。紅型師/金城昌太郎の作品ギャラリー集

- follow me on Instagram @ 金城昌太郎びんがた工房 -

 

▼関連記事をあわせてご確認くださいませ。